ブリン シド フォ ビル。 エボラ出血熱の治療薬「ブリンシドフォビル」の試験中止

シンバイオの新たにブリンシドフォビルを獲得!詳しく説明します

✋ 提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。 CDVが第2選択薬とされているのは強い腎毒性と薬剤の脳脊髄液(CSF)中への移行不良のためとされる。

7

シンバイオ製薬株式会社 SymBio Pharmaceuticals:パイプライン:抗ウイルス薬 ブリンシドフォビル SyB V

💢 なお、今回のライセンス契約締結に伴う2019年12月期の業績予想に与える影響は精査中であり確認次第開示いたします。

シンバイオ製薬 Research Memo(5):ブリンシドフォビルはアデノウイルス感染症を対象とした治験から始める方針(FISCO 株・企業報)

☭ (執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲) 《ST》 当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。 444805-28-1• なのでシドフォビルも別に適応外で使用したいわけではないので、 元々血液領域に浸透性のあるシンバイオ社がBCVの開発を、 しかもシドフォビルが未承認の日本で行ってくれるというのは、 血液内科の先生方にとっても、 残念ながら移植後の合併症でウイルス性膀胱炎などを発症してしまった患者さんにとっても、 とても喜ばしいことなのです。

14

高活性の新規抗ウイルス薬「ブリンシドフォビル」に関するグローバルライセンス契約締結のお知らせ 共同通信PRwire

🚒 製造委託先の選定を現在進めているが、高活性のウイルス製剤を製造できる技術があれば可能であり、臨床試験の開始までに決定する。

8

高活性の新規抗ウイルス薬「ブリンシドフォビル」に関するグローバルライセンス契約締結のお知らせ

🤛 すごいですね。 ほとんどのHHV-6脳炎は2-6週目に発症し、最も頻度が高いのは移植後3週目である。

8

シンバイオの新たにブリンシドフォビルを獲得!詳しく説明します

⚑ 今回のライセンス契約ではグローバルライセンスであること、また、製造権も含めた契約になっているところが注目点となる。

17

エボラワクチン、治療薬の開発状況

😙 更には、CDVの深刻な副作用である腎毒性を回避できるため使い易く、今までにない新規の高活性の抗マルチウイルス薬です。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

11

No.260609 【新型コロナウイルス治療薬にシ…

⌛ 」 PR キメリックス社の社長兼CEOのマイケル・シャーマンのコメントは以下のとおりです。 また、ウイルス感染症は皮膚科や眼科領域の疾患でも存在することから、将来的にこれら専門領域で展開する製薬企業との共同開発に広がっていく可能性もある。

15

プレスリリース:高活性の新規抗ウイルス薬「ブリンシドフォビル」に関するグローバルライセンス契約締結のお知らせ(共同通信PRワイヤー)

🤗 また、既存事業の血液疾患領域との相乗効果も高く、BCVを今後のグローバル事業の基軸として位置づけ、グローバル展開をするスペシャルティファーマへのトランスフォーメーションを推進してまいります。 「シンバイオのオンコロジー分野およびウイルス分野における新規パイプラインの開発及びこれまでの商業化の成功は、バイオ医薬品企業としての事業遂行能力の高さを示しています。

4